• 店主

HPは亀の歩みの如く


HPですが、徐々に回復しつつあります。しかし、亀の歩みの如くゆっくりです。

訪問して下さる方にはご不便をおかけしますが、ご容赦ください。

またCECTL3-3.0ですが素晴らし過ぎるので毎日驚かされています。

以前お客様から頂いたCD-Rを再生したところ凄いサウンドで驚かされました。

過去にはここまでの透明感や静寂性はありませんでした。

アシスタントの妻も驚いて聴いておりました。

ユーザーの皆様からご心配を頂いているところもあります。CEC大丈夫なのと。

CECはブランドとして生きています。それを支えるのはエステックさんです。

もともとエステックさんは、CECの下請けとして実績があり、また技術力もある会社です。

今回の新しいシリーズの基礎はエステックさんの力があってこそです。

またCECにおられたエンジニアも移籍されて活動されているのでCECの血脈は引き継がれているのも事実です。

さらに嬉しいことにエステックの藤田社長を始めとしてしっかり音決めを自分の耳で

行ってくれていることです。

またCD文化が斜陽になっている昨今ですが、これまでCDを収集されている方も多くおられます。

配信文化になってはいますが、CD文化があってこその今です。

さらにライフサウンドではCECのトランスポートやプレーヤーが存在してくれていたお蔭で開業したこともあります。

そこで、その恩に報いたいと思うと当時に、これまでCD再生を通じて音楽を楽しんでおられる皆様にさらなる喜びの世界をご提供したいと思ってTL-3 3.0を導入することを決めました。

このレベルにCD再生が至るとは予想もしていませんでしたが、ついに来てしまったなと感慨無量です。

エステックさんがある限りアフターも心配ありません。また過去の製品においても可能な限り修理をして頂いております。

今後もご安心してCECブランド製品をご愛用頂ける環境は整っております。

どうぞよろしくお願いします。


52回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477