• lifesound

いよいよ

内部配線をシルク化していたSIMAUDIO 340i とATOLL IN400seが工場から戻ってきます。どのような結果になるのか楽しみです。

また最近変なこと起きてしまい店主の経験からは理解出来ないことがありました。

ATOLLのSACD200なのですが、展示機をお客様へ納入したのですがトレーが勝手に出たり入ったりしたようなのです。

納品前に点検をして何も問題が無かったのですが。

これでは購入して頂いた方にSACD200が「あっかんべー」をしたようで、大変失礼なことになってしまいました。


その後、返却されてきてテストをしたのですが症状が出ないので余計困ってしまいました。

SACD200は音楽再生の質は素晴らしいのですが、態度が悪いので少し反省してもらわないと困りますね。

そこで完成した340iを引き取りに行くのでSACD200を診断してもらいに行くことにしました。

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477