top of page
  • lifesound

お預けに

念願のラインコンタクトの交換針が届きました。本年最後の新製品です。

早速、LSオリジナルカートリッジに合わせるためにノブ部分の加工に工房へ持ち込むために出発しようとしました。

すると「ギョッ!」としたことが起きました。

左のリアタイアがパンクしました!!!。

駐車場出て直ぐに異変を感じて安全な場所まで移動しました。


しっかり凹んでいます。また安全な場所へ移動するために僅かな距離ですが走行したので、

タイヤの内側と外側のサイドウォールが僅かですがすり減ってしまいました。


JAFを読んでその場で修理しましたが、この状態で高速を走ってバーストしたら大変なことになるので、馴染のタイヤ屋さんに連絡したところ、「在庫無いから取り寄せ!」

ということになりました。

2から3日はかかると言われてしまいました。

今は冬用タイヤへの交換の季節で混んでいますし、年末ということもあり配送も遅れがちとか。

「トホホ」という事になり帰宅しました。


先回試聴した感じと同じ出来であればかなり音楽性の深い再生をしてくれることになると思います。

先回以上の結果を出したいので、シェルリード線もライフサウンドは取り扱い上級者向けの仕様になっているます

シースは付けず特殊な塗装をしてシェルリード線を保護、さらにカートリッジ作成時に使用する特殊な半田を使いチップとシェルリード線を接続します。


さらに、アバロン加工することで既存の再生では不可能な命が宿ったサウンドを実現する予定です。


必要なメンバーが揃うのは来週になりそうです。


ということでしばらくお預けと言うことに相成りました。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page