• lifesound

もう一つ

更新日:2021年7月27日

いろいろなことをしていると、もう一つ工夫が必要なことに気づかないでいることがありますね。

ここ最近ATOLL IN50 Signatureにも、もう一つが見つかりました。

ライフサウンドのカスタマイズで行うチューニングは、アンプ内に生まれる信号の流れを

ノーマル状態よりも活性化している感じになります。

躍動感にあふれるサウンドをリスナーが楽しめるようになります。

それは、ノーマル状態よりもアンプの筐体が揺さぶられることになります。

その結果としてアンプの足のゴム部も揺さぶられてゴムの音が再生音に乗ってしまいます。

これではカスタマイズした意味がありません。


そこで最初にダイヤモンドLSエボニーパッドを使用してみました。

これでかなり改善され、振動から生まれるザワザワ感が消えました。

そしてKチューニングを施してより品格のあるサウンドになってくれました。


鳴らし込みが進んで行くと、何か微妙に微妙に気になる感じがしてきました。

あれこれ考えて行くうちに、しばらく使用していなかったベビーを使うことにしてみました。




さて結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・・?


微妙な微妙に気になったことは、微妙な微妙なザワツキだったのです。

それが全く姿を消してくれました。


躍動感があり、そして透明感もさらに増してサウンドステージの見通しがより改善されて

しまいました。


気持ち良いですね! IN50Signatureでここまで素晴らしいサウンドが出てくるとは!!

と期待を超えた音楽再生が実現してしまいました。


日々改善を意識して臨まないとなと教えられました。




160回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

いよいよ