• lifesound

最近

再試聴した機器




ライフサウンドの再生環境が激変したので、再試聴しました。その結果長所短所がより明らかになりました。短所はチューニングで解決できそうで、それによって長所がより伸ばせる可能性を感じさせられました。







新たに試聴した機器





ATOLLのIN100signature(上)DAC内臓にすればシステムが簡易化できます。

この表現力があれば一般家庭では十分!

DACも全モデルより音質は明るい感じです。前作から改良されDSD64(2.8MHz)、DSD128(5.6MHz)、DSD256(11.2MHz)、PCM768KHz/32bitにも対応。またオーディオ部も大幅に改善されました。

良い感じ!

69回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全を

ここのところかなりアイディアに窮している店主です。 それは何を考えているのかということから発しています。 ライフサウンドのユーザーの皆様の傾向を考えてみると 1.音楽愛好家 2.音楽探求から真実を見たい 3.さらに自己探求の世界を大事にしたい 大きく言うと上記のようになります。 そのような方の中で特に敏感になられてきている方は、演奏される音楽を通じて演奏者側の心理の影響を受ける方が多いのです。 こ

庭の椿