top of page
  • lifesound

開門

RA6000のブレークインに伴い、ペルソナBも100時間を超える経過をしました。

メーカーから言われている300時間に対して第一の門が開門したようです。

見習い中ということでベラボ―チェ・リファレンスのステージを見学して、何か変化が起き始めて2日目、繊細な表現が可能になってきました。

その結果、感動が出来る状態が生まれてきました。


とても誇らしげに輝くペルソナBです。次は200時間です。そして、最終の300時間を目指して行きましょうと嬉しそうなペルソナBです。

この調子で成長してくれると嬉しいですね。

これなら取り扱い製品としてHPに正式にアップが出来ます。


そして、栃木のTさんRA6000ですが、いきなり良い音が出ています。それは日本特別限定販売仕様にしてあるからです。

展示研究機は、まずオリジナルの状態を知るために、電源部分は海外と同じ状態でした。100V使用にしていませでしたので何か虚弱な感じがしていました。

その状態を確認してから日本の電源事情に合わせてみると、元気で快活な感じになってくれました。

しかし、ヒューズがノーマルなので音像に少し乱れが出て、美しさが僅かに欠ける感じでした。そこでローテル商事推薦のヒューズに変換すると、嘘のように音像の乱れが消えて、すっきりとしたサウンドが再生されるようになりました。


それを確認した上でライフサウンドの基本&supernaturalチューニングを行い、その効果を確認しています。

この経過を経たことでチューニングする意味を確認しました。


ですのでTさんのRA6000は、それらの経験を踏まえた上での日本特別限定販売仕様にしていますので、最初から良い感じに鳴ってくれています。

これは世界で販売されているRA6000の中ではトップクラスの再生を可能にしています。

それは、世界で唯一、日本だけで得られる音楽再生能力を持ったRA6000ということです。

ペルソナBを楽々鳴らしてくれています。もちろんTDシリーズやB&Wなども。



閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page