• lifesound

ATOLL IN 50 Signature その6

ATOLL IN 50 Signature も慣らし運転を始めて60時間を過ぎました。

録音によっては、かなり艶やかサウンドを聴かせてくれるようになりました。


ATOLL IN 50 Signatureを導入した理由の一つに、CHARIOのLYNXと組み合わせてみたら良い結果が出そう予感がしていたこともあります。


一晩、LYNXと組み合わせて鳴らしてみたのですが、どうにもつまらないのです。


TD712zMK2COSMICと比較すると面白くない。音楽は楽しく聴けなければ!ということが大事ですから。


しかし、この傾向なら合うはずなのにと心の底から響いてきます。それであれこれ考えていたのですが思い当たりません。そこでLYNXに「何故かな?」と訊ねてみました。


LYNXの答えは「それはそうですよ!私にはTD712zMK2と同じCOSMICチューニングはして頂いています。しかし、最終的なA&B&Hのチューニングはして頂いておりません。 ですから、これ以上は働けません。もし私にも音楽は楽しく聴けなければ!ということが大事ですよね?だったらA&B&Hのチューニングをして下さい!!

そうなれば私もさらに楽しく働けます!!!」


ということでした。「そうか悪かったね!早速、行ってみるからよろしく!」と言って作業を行いました。


現時点に於けるライフサウンドにおける究極のチューニングはCOSMICチューニング+A&B&Hのチューニングになります。


(この内容については店主が老齢化して、この仕事が出来なくなりそうになった時にその内容を公表したいと思っています。)

A&B&Hのチューニングはこれからもアルファベットが増える可能を秘めています。この手法を知ったら、一般的な方は「そんなことは起きる筈がない。」と理解をするどころか否定されることになるでしょう。しかし、聴き比べて見ると理解されることになると思います。 これは宇宙の法則の秘密かもしれません。


さてA&B&Hのチューニングしてみました。その結果は・・・・・・・・・・

音楽が活き活きとしてワクワクしますね。


LYNXも嬉しそうです。これでやっと働ける!厳しい時代を明るく照らす光明になれると。


今朝まで「面白くないなあ」とぼやいていたのが嘘のようです。


ATOLL IN 50 Signatureも嬉しそうです! 


一番嬉しいのはもちろん店主である私です!!!









116回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

比較試聴

です。コロナ禍の中、熱心なユーザーの方からご連絡を頂きました。 この方は楽器の演奏を実際に行われます。それもかなりなレベルで。 店主も演奏を拝聴させてもらいましたが、アマチュアとは思えない感じです。 音楽再生に関しても的確な感想を頂ける方です。 ライフサウンドでの経験がどのようなレベルなのかを確認されるために 同じ様な機器を他のお店で試聴をされたことの感想を頂きました。 この方は様々なお店に足を運