top of page
  • lifesound

ATOM登場!

PARADIGMの技術が詰め込まれたMONITOR SEシリーズのおチビちゃん。

その名はATOM!!

PARADIGMの最小単位と言うか最小存在です。


入門機と言う言葉を日本のオーディオ雑誌は使いたがりますが、それは、単に値段を見てだけの話しが多いでしょう。

高くてもどうしようもない存在もあります。廉価のようですけど、TD 、TDシリーズのように小さな巨神と呼べる存在もありますATOMはどうでしょう?


開封をしてみると、白色のボディを纏っています。このグロスホワイトはこれまで見た白色のボディより、リッチな色合いを見せてくれます。


この色合いを見ただけでも、メーカー側のやる気を感じさせられます!!

こちらもやる気が出てきます!!!

ATOMは小さくてもどうどうとした感じがしてきました。


早速、音出し!。



「Ohーーーいい感じ!」が最初の印象です。おチビちゃんですが、凄い迫力で迫ってくるので、びっくりさせられます。

ちょっと昔の漫画「10万馬力のアトム」を思い出させられます。

MONITORの名前通りですね。

この点では、TD シリーズよりです。PREMER200Bは、モニター的というより静電型スピーカーのようでもあると、鳴らし込みの現在の段階では、そう感じさせられました。

ATOMは、慣らし込みが未だ々なので、抜けきらないとこもあります。低音域など特にそうです。

アシスタントの妻は「200Bより、良いのでは!?」と言い出しました。(汗)

耳慣れた音としては、ATOMの方が近いので、そう感じたかもしれません。


このスピーカーは値段を見て判断をしない方が良い存在でしょう。

ROTELのRA-6000で鳴らしていますが、何の過不足も感じさせません。


問題点と感じるところも僅かにありますが、これは鳴らし込みが終わってから判断したいと思います。

現段階では、「小さな巨人」と言っても過言では無いよう思います。

First impressionでした。


PDNのHさんが、強く、強くお勧め下った理由が嘘では無かったことも証明されたようです。

Hさん、ありがとうございました!


閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page