top of page
  • lifesound

HPに書いていない!

更新日:2022年8月14日


そうです。HPに書けないことは沢山あります。

それは一般の方には理解出来ないというか、簡単に否定されることだからです。



店主の判断基準は「音」です。HPに書けない製品を扱っている理由は、その存在があるのと無いのでは、再生される音がまるで異なることになるからです。


音楽再生に必要と感じられる音が出てくれた場合は、さらに時間をかけて本当に必要なものかを確認した上で、採用しています。


しかし、それを言葉で説明するのは、かなり困難なものですから、ご来店いただいた上で

確認して頂くことでご納得して頂くしか無いのです。


オーディオ再生で入門編という言葉がありますが、

まずオーディオ機器を導入するということが入門です。

その上で音を出してみて、その状態で満足出来れば幸福ですね。

しかし人間とはすごいもので、「次第に何か足りない?」「こんなものかな?」と

感じ始められます。

それからあれこれ物色が始まります。

ご自分の持っている機器と聴く比べをしながら進み始めます。このあたりで中級レベルと言っても良いでしょう。

そして高額機器に入り始めます。 何百万円もする機器を導入されます。

それで上級レベルと言えるかと言えば否です。

これは販売店にも言えることです。最近YouTubeなどで色々なオーディオ店の情報を拝見することが出来ます。凄く素敵ですね。様々な機器が置いてあります。

オーディオ機器が欲しい人にとっては夢の世界ですね!!

しかし、それを見ていて「そんなことしていて良いの?」と店主は思ってしまいます。

各機器については知識をお持ちと思いますが、その機器が性能を発揮できない環境で再生をしている姿を見るとアマチュアとあまり変わらないと思ってしまいます。汗


音響的に不利な環境はオーディオ機器の能力の一部を味わうだけで終わってしまいます。

以前に呟いたことがありますが、オーディオ機器を納品するためにお客様宅に招かれると

びっくりすることが多々あります。

意味の無い吸音、狭い部屋に大きなスピーカー、柔らかい床に大口径のウーハーを持つスピーカーが、スピーカーの上が物置になっている等々。

幾ら高額機器を導入しても全くその機器の素晴らしさを発揮できない環境が多いものです。


そして話を戻しますが、HPに書いていないことばかりとご来店されたお客様が驚かれていましたが、音楽再生がより素晴らしいものになるには、様々な分野から見て行く必要があると思うのですね。


そこで、店主は様々な分野で音楽再生に寄与する可能性があるものをテストしてきました。

その結果としてHPには書けないような製品を扱って来たということです。


その存在によって得られるメリットが大きいか?それとも有害か?などかなりの時間を使って調べて来ました。


しかし、その経験を持たない方には理解出来ないだけでなく、拒絶されてしまうのです。


ですのでHPに掲載することは一切していないのです。









閲覧数:128回0件のコメント

最新記事

すべて表示

至福の時

コメント


bottom of page