• lifesound

IN300始めます

色々な点をチェックしてIN300の使いこなしからチューニングを始めることにしました。

ヒートシンクの背が高く、電流が流せることになったのが新しいATOLLたちです。

これは日本の関係者のアドバイスが大きいようです。



さてIN300はボディも大きくなりパワフルです。しかし、それを支える足がゴム足なので

その大パワーを受け止めて解放するには役不足です。

そこでダイヤモンドLSエボニーパッドでボディを三点支持してみました。

すると嘘のように音抜けが良くなり、ゴム臭い音が消えてしまいました。

IN300をご購入されて少し期待は外れと思われている方がおられたら、ダイヤモンドLSエボニーパッドに挑戦してみて頂けると良いと思います。

但し使用されているケーブル関係がより線構造のものは避けてください。

IN300の美点が発揮されることは無いように思います。



ボディ重量があるので7mm径ダイヤモンドより10mm径のダイヤモンドの方が良い感じです。

巨大なトランスが2機装備されていますから、これで良い感じです。

あとは4点支持だとどうなるかは、準備が出来次第行います。



最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477