top of page
  • lifesound

Wavetuningの成長sono2

新しいテーマである気品、豊かさ、香りをWavetuningでどのように表現するかを行ってみました。

使用したスピーカーはTD510ZMk2です。更にはアンプ340i D3PX(気品まで行っています。)あとはHAP-Z1ES(Wavetuningの基本だけ)


まずアンプ側は確かに変わりました。これまで以上に表現が素敵です。錯覚かどうか確認したのですが、どうも実現しているようです。


そして、TD510zMK2に気品、豊かさ、香りを行ってみました。

最初は「こんなものか!?」と思って少し聴いては休んでしまいました。


翌日の夜、駄目もとで再度聴いてみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セゴビアのアルバムからあれこれ聴いてみました。

中音域の充実が素晴らしくなり、レコード再生よりいい感じになりました。

音の厚みが全くことなり正にライブで聴いたようです。

これでびっくりしたのですがさらにArchie Sheep Qurtetへ行きました。

トラック1のTrure Balladsではサックスがいきなり凄い響きを出してきました。

何度も聴いているアルバムなのですが、サックスの輝き、艶、粘り等今までに聴いたことが無いリアル感です。「何じゃこれは!!!」と思わず叫んでしまいました。


これは大変なことになったと大騒ぎをしたのですが、もう午前0時を過ぎたのでテストは終了して、翌日へ。


昨晩の感動が真実なのか確認してみました。結果は本当でした。

さらに

ギター1本の伴奏で歌うスタイルは当時は珍しかったようです。アナログも持っているので聴き比べるとかなりアナログの香りがHAP-Z1ESでもしてきました。全体に音が豊かになったからなのでしょう。静かに歌うジュリーの声に気品を感じることが出来ました。


最後はアナログです。


ジョージ・セル大先生の指揮でHANDELのWater Music。画像はCDのものです。

品格の香りがしてきますね。当時の王室の雰囲気が感じられるようです。

新しい純粋なサウンドを出せる新しいリード線の効果もあり、何とも豊かで深く気品のある

演奏が再生されました。


元になるCDのレベルにもよりますが、素晴らしい録音は圧倒的に素晴らしい結果を聴かせてくれました。それはアナログも同じことなのですが、ともかく凄いことになりました。

10センチ1発のユニットから聴こえてくる音楽ではないですね。何度も同じことを言っていると思いますが、凄すぎますね。


そこで次はアンプへの香り、豊かさを、HAP-Z1ESにもすべてを行ってみようと考えています。


閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生々しい

Comments


bottom of page