クリスタルチューニングその16

July 13, 2017

SIMAUDIOの260Dにもクリスタルチューニングをしました。

電源部、RCA関係などです。順番はRCA関係→電源部です。

RCA部だけでもかなりいい感じになりますね。何が良いかいえば楽音のメリハリがよりしっかりして、音の輪郭が美しくなります。しかし、もう少し迫力も欲しいと思うところもありました。

そこで電源部へも。

ると豊かでどっしりしながらも繊細さは失ず、理想的な響きを得ることになりました。

 

 ここでも名器トーレスがその魅力を聴かせてくれました。トラック1のトラック1コプ・フローベルガーの曲は故人を追悼する器楽曲。この曲は、階段から落ちてフローベルガーの腕の中で息を引き取ったリュート奏者の友人のために書かれたものらしいのです。曲の最後に下行音階があり、死因を象徴させていると言われているようです。

が、出だしたから個人の冥福を感じさせるような響きがありますね。作曲者の真意は置いておいて、この曲から受ける印象は、まず目を瞑り、この音の世界に引き込まれ瞑想状態のようになります。その中で教会の中で、天井から音が降ってくる感じがします。その音は天使たちが故人を迎えにきたようなイメージを与えられました。

そして悲しみもありますが、天界へ登れる友人を見送る感じがしてなりませんでした。

電源部へのクリスタルチューニングのお蔭で、そのような世界に没入することが出来ました。

夏の暑さをすっかり忘れさせてもくれました。

次に比較試聴としてSACD200でも再生してみました。こちはらRCA部分だけのチューニングをしていたのですが・・・・・・

続きは次回にいたしましょう。

 

 

Please reload

特集記事

人気機種も大変化!

October 28, 2019

1/10
Please reload

最新記事

November 14, 2019

November 13, 2019

November 11, 2019

November 7, 2019

November 5, 2019

November 4, 2019

November 3, 2019

Please reload

アーカイブ