マルチユニットのスピーカーを聴いて

September 16, 2019

暑さも少しだけ収まってきた中、マルチユニットのスピーカーを試聴しました。

フルレンジに慣れた耳にはどのように聴こえるか? 

大変楽しみにしていました。

200万円を超える高額なスピーカーですからさぞ凄いのかなと思っていました。

 

試聴を始めると「・・・」となってしまいました。

5つぐらいのユニットで構成されているのですが、音がバラバラに聴こえてきます。

まとまりが無いのです。

これは以前にアメリカで経験したことと同じです

このようなマルチユニットのスピーカーを楽しむにはスピーカーからのリスニングポイントが10メートルぐらい欲しいと思うような感じです。

バスレフポートの位置も疑問なものでした。

日本ではこのようなスピーカーがまかり通っていますが、店主には不思議でなりません。

日本製で世界的にも認められているスピーカーが存在していますが、形状に慣れないだけで敬遠される方が多いのですね。

昔父が小学生の頃、つまり昭和8年前後ですが、プロペラの無い飛行機の絵を描いたら先生に叱られたそうです。

そんなもの飛ばないだろうと。

試聴したマルチユニットのスピーカーを聴いて父の昔話を思い出しました。

理解出来れば理に適い美しく見える形も、理解出来なければ違和感を感じるということでしょうね

 

マルチユニットでは2ウェイぐらいが限界かもしれないなと改めて思った次第です。

その点ではディナオーディオのCONTOUR30は良くできたスピーカーだなと改めて関心しました。またCONTOUR20もしかりです。

 

多少のチューニングをすればより驚くべき存在に変身してくれます。

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

人気機種も大変化!

October 28, 2019

1/10
Please reload

最新記事

December 5, 2019

December 2, 2019

November 30, 2019

November 23, 2019

November 17, 2019

November 14, 2019

November 13, 2019

November 11, 2019

Please reload

アーカイブ
<