TEAC 
​                  
TN-4DB

                 新開発の薄型ダイレクトドライブモーター搭載
ダブルナイフエッジトーンアームを搭載した本格派のターンテーブル
​価格を超えた逸品

TN4.jpg
価格を超えたアナログプレーヤーです。
​SAECの設計のトーンアームのお蔭でトレース能力の高いプレーヤーに完成しています。ダイレクトドライブプレーヤーですが高精度な再生が可能です。価格を考えたら十分過ぎる能力を持っています。MM型カートリッジ用のフォノイコ搭載、MC型のためにスルー機構があるので外部の外付け昇圧トランスやフォノイコと接続が出来ます。
USB接続機能も搭載しています。
高性能機種なのでダイレクトドライブモーターが生み出す僅かな振動をも拾うトーンアームが、その振動を再生音に乗せてしまいます。より線構造のケーブルを使用しては分からないとは思いますが、微妙な音ぶれが気になります。
ライフサウンドが扱うのですから、​
ノーマルのままでは勿体ないアナログプレーヤーなので徹底したチューニングを行います。

さらにフォノイコ部分やその他ケーブルにも徹底してチューニングをします。

その結果、音ぶれが無くなり、ビシッとフォーカスが合うことで別次元の再生が可能になりました。
これはとても6万円台のアナログプレーヤーとは思えません。

アナログお手軽入門機のTN-350ではちょっとだけチューニングとしっかりチューニングの2種類を作りましたが、TN-4DBには徹底チューニングだけにさせて頂きます。

それだけ高性能な機種なので、その隠された実力を発揮させなければ申し訳ないと思われるからです。

本体税込価格    66,000円
徹底チューニング  13,200円


製品は生産が終了しましたが在庫がある限り販売します。