• lifesound

やられっぱなし

最終更新: 2020年12月28日

スピーカーの比較試聴を前に、ソフトを選んでいました。

リッピング方式はプレーヤーを使いWAVで行うことにしました。

これが現時点ではベストかと考えています。

さて、リッピングをしながら曲を聴いていますと再生する音楽に店主はやられっぱなしです。

感動で涙涙涙! 一曲聴くごとに涙にぬれています。


特に最近では麒麟がくる、少し昔ではサーカスにもう泣かされています。

彼らの歌声がこれだけ生々しくなると、その歌唱力も相まって歌詞の意味が心を揺さぶります。

若き日の思い出が蘇ります。ともかくあの時の彼女にはこうしておけば良かったとか、あれこれ思い出させられます。

今はあまり見かけられないのが残念ですね。当時も素晴らしいメンバーのグループとは思っていましたが、それはまだまだ理解が浅かったということを思い知らされました。


これだけ心を動かしてくれる人たちに何が出来るのかと思うと、直接感謝を述べることも出来ません。

ただただありがとうございましたと、心で感謝を伝えるだけしか出来ません。



少しでも店主がブログで呟くことも感謝の表現になればと思います。

麒麟がくるでは超低音の響きが素晴らしく伸びやかで、圧倒されますね。

またジェイ・シマブクロのウクレレの響きの美しいこと!

過ぎた時代の儚さを伝えてくれるようです。

川井郁子の演奏もストラディバリウスだと思いますが、ボーイングの素晴らしさが凄いと感動しています。

しなやかな演奏にはあの時代に生きた人々への鎮魂ですね。

彼らが命をかけて時代を駆け抜け、時代を作った苦労を慰めるようです。









72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏休みの予定

今年はチューニング作業が数多くあり、試聴して頂ける時間が皆無となりました。 また長年リスニングルームを守ってくれたカーテンやソファが引退することになりました。 カーテンはスウェーデンのデザイナーが水面に映る光を表現したブルーをメインにしたもので、とても気に入っていたので気が付いたら25年も経ってしまいました。 音にも影響を与えているので簡単に交換することはしていませんでしたが、さすがに可哀相になっ