• 店主

お蔭様で


新しいHPを立ち上げてから、訪問してくださる方が50,000人を超えたということが分かりました。

このようなHPにも関わらずこれだけの方が訪問してくださることは、小さな店の店主としては心から感謝させていただきます。

当然ですがリピーターの方もおられると思いますが有難いことであると思います。

先日ご来店下さった初めての方もHPの記事を良く読んで頂いた上にご来店下さりました。

店主が若い頃はインターネット文化はなく、雑誌か歩いて情報を得ることしかできませんでした。 限られた時間と情報の中で判断することになっていたのですが、最近は

情報が多く恵まれていると思います。違う見方をすればユーザーの皆さんの目も肥えて来ているので、怖い時代でもあると思います。

しかしながら販売方法は相変わらずのようで八百屋さんのように商品を沢山ならべて

お客様をお迎えするという古典的方法が多いようです。

それもご来店頂いたお客様から教えて頂きました。「あれではわからない」と。

以前、イギリスのコード社の社長と幹部をお迎えしたことがありました。

日本料理で歓待させていただいたのですが、そこで彼らは秋葉原に行って驚いたと言われていました。

「オーディオ製品が冷蔵庫などの家電と同じように売られている。」と。

オーディオは家電製品と違うことを良く知っている彼らからしたら大変な暴挙が

行われていると感じられたのでしょう。

ライフサウンドは微力ながら今後も同じように御客様をお迎えしていこうと思います。

何故ならオーディオ製品は白物家電とは違う存在ですから。

よろしくお願いします。


63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全を

ここのところかなりアイディアに窮している店主です。 それは何を考えているのかということから発しています。 ライフサウンドのユーザーの皆様の傾向を考えてみると 1.音楽愛好家 2.音楽探求から真実を見たい 3.さらに自己探求の世界を大事にしたい 大きく言うと上記のようになります。 そのような方の中で特に敏感になられてきている方は、演奏される音楽を通じて演奏者側の心理の影響を受ける方が多いのです。 こ

庭の椿