• お客様

早速ご感想を頂きました!


群馬にお住いのSさんからTHOTH-G&Sのご感想を頂きました。

これまでケーブルで散々悩まれてこられました。これまでSさんの経験ではRCAケーブルよりXLRケーブルの方が良い感じだったそうです。

しかし、ライフサウンドのHPを御覧になってRCAケーブルに挑戦されたくなったそうです。

Sさんの真摯な願いにお応えしたいと店主も刺激されて今回の新しいバージョンのTHOTH-G&Sが生まれることになりました。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

ありがとうございます。

届きました。

今日は早く帰れたので、今、聞いてます。2時間くらいでしょうか。

感想は、一言でいうと 「すごい」 です。

20分間くらいXLRと聞き比べをしましたが、外して箱にしまいました。

XLRを外したほうが音がさらに良くなったような気もします(プラシーボ?)。

今までのケーブル交換で「聴こえなかった音が聴こえた」はありました。

このケーブルもあります。

ですが、そんなことより、音のリアリティーがすごいです。

1枚目にギターのCDを聴くと、“ピン”と弦のはじく音に驚きました。

何十回と聴いているCDです。ブログのように。

スピーカーの真ん中に顔を向けました。もちろん、スピーカーの方向ではないです。

もっとすごいのは、両側のスピーカーの外側から音が聴こえました。

これは初めてです。

アカペラ、ピアノ、ジャズ、パイプオルガン、オーケストラ、

  どれも外側からも内側からも聴こえます。

何十回と聴いているCDから、初めて低音が音圧を持って聴こえたり(適正なボリュームで)、音に明確な高さを感じます。

オーケストラはスピーカーの後ろに、つまりあるべき位置から音が聴こえるような感じです。

私はスピーカーの前方向から音が出る(よく雑誌にある表現です)のが嫌いなので、

本当に好み通りです。

  ピアノの静寂感はXLRの比ではありません。

#お客様の声

35回の閲覧

最新記事

すべて表示

資源対策その2

ビンテージ線材を有効にかつ少量にしても、その個性を活かしながら情報量としては優秀な現代線材とのハイブリット構造のRCAケーブルを製作してから2日ほどの時間が経過しました。 このケーブルはさらに贅沢に銀線材も使用しています。 これらの素材が集合してさらに最新のチューニングを施した令和の新作ケーブルの慣らしをしています。 これは異種素材の融合が為されて初めて、その個性が分かるのですが、この2日間で銀線

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477