top of page
  • lifesound

ROTEL

更新日:2023年12月13日

あまり知られていないメーカーですが、ご存知の方はおられると思います。

販売店も絞り、あまり乱売されていないメーカーです。

日本よりアメリカやヨーロッパでは有名らしいのです。








ライフサウンドでは、最近の円安や半導体の問題なのでオーディオ機器の価格が高くなり、機器の購入が厳しい環境になったと思っていたので、何とか低価格でも良質で長く付き合うことが出来るメーカーがないものかと探していました。


そんな中、灯台下暗しとは、よく言ったものでNHT を扱っていた時代に大変お世話になった輸入元のO氏がローテルを扱っている事を知り、デモをお願いしました。


パブリシティなどは、ほとんどされていないメーカーで一部の量販店では扱われているようです。ローテルについては以下に詳しく紹介されています。


ライフサウンドの基本は「一人運べる機器を中心として、良質なオーディオ機器による音楽再生を実現する」という理念があります。さらに「都市型住宅における良質なオーディオ機器による音楽再生の実現」があります。

店主も早くも60代半ばを1年超えてしまいました。50キロぐらいあるアンプを若い時代に取り扱いしましたが、やはり厳しいでしたね。


その点ではROTELのA11というプリメインアンプは軽量です。取り扱いが楽なのが簡単に予想できます。




HPで機器の画像を見る限り、デザインもまあまあいい感じです。奇抜な姿ではなくオーソドックスです。

O氏とローテルローテル商事のS社長のご協力を頂き試聴をすることが可能になりました。


AuraVA40rebirthのことも考えている中でのことで、ROTELを聴いてからAuraVA40rebirthのフロントパネルのチューニングをどうするか決めることにしました。



閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生々しい

Comments


bottom of page