• lifesound

SIMAUDIO Moon 340iD3PX


栃木のTさんからのご依頼で340iD3PXのカスタマイズを始めました。

最初は胆であるアンプ内の内部配線材の交換です。シルク巻き単線に

交換することは、このアンプの持つ潜在能力を引き出すために避けて通れないことです。

工場から持ち帰り、開封します。

この白い箱を開けるといよいよ始まりです。



フォノイコボード、DACボード、XLR端子をフル装備した340iD3PXです。

上に見える赤色のパーツが沢山ついているのがフォノイコボードです。

その下に見えるのがXLR端子部分です。

こちらがDACボード。


アンプの裏には、XLR端子、それかデジタル関係のインプット端子が並んでいます。

またスピーカーケーブル接続端子の後ろに少し顔を出しているのが交換した内部配線材です。

内部配線材がスピーカーケーブル接続端子に取り付けられています。

僅かにシルク部分が見えますね。この画像はボカした状態でアップしています。

この後、この部分をさらにチューニングして僅かに見えるシルク被覆は見えなくなります。


後は、コンデンサー関係、基盤固定ネジ、トランス部分にある配線材など内部のチューニングを行います。


この作業は12時間ほどかかります。



73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう一つ