top of page
  • lifesound

WST-C60EC

メーカー推奨品である。TAOCのWST-C60ECが届き、早速、TD508Mk4をセットして試聴してみました。

組み立て前にパーツを確認しました。まず面白いと思ったのが天板です。「多くのスタジオエンジニアから高い評価を受けているTAOCの最新テクノロジーである3重構造天板を特別に採用しました。」とメーカーの説明にありました。外から見ると2層構造の様に見えるのですが、どうなっているのでしょうね?

「ECLIPSEスピーカーの底面に合わせてデザインすることにより、音質と外観の両立を実現しております。これにより、スピーカー自身が優れた制振機構を備えるECLIPSEと組み合わせる事で、ECLIPSEの魅力である「明瞭性」、「空間再現力」、「スピード感」などの「正確な音の再生」がより高まります。」とメーカー。


天板は上層部は下層部より面積が広くなっていて、TD508Mk4のスタンドの底面とも確かにぴったり合います。


特に、このスピーカースタンドでのメリットは、スピーカーセッティングが正確に行えることだと店主は考えています。

前モデルのTD508Mk3用のメーカー純正スピーカースダンドは、直線部分が前面にあるだけで、あとは曲線を描いています。

ですので、メーカー純正スピーカースタンドでスピーカーをセッティングをする時は、内振り角度を出すのが少々面倒でした。

しかし、このTAOCのWST-C60ECの底板は長方形で角度が出しやすいです。

更に面積も大きいので安定感があります。



支柱の取り付け方は面白く、支柱の四隅の角を前後左右に向けてセッティングしろとメーカーの指示があります。

そこでメーカーの指定する方向に合わせて組み立て完了。

支柱の中には、鋳鉄紛入りなので持つとずっしり重く、メーカーの本気度を感じさせられます。

この重さがあるので、支柱を組み立て時に誤って足の上にでも倒したりすると、間違いなく怪我をするので注意が必要です。


さて、完成して試聴をしてみますと、メーカーの言うことが嘘ではないと分かります。


『ECLIPSEと組み合わせる事で、ECLIPSEの魅力である「明瞭性」、「空間再現力」、「スピード感」などの「正確な音の再生」がより高ります。』



多数のスタンドと比較した訳ではないのですが、DYNAUDIOのSTAND20をWST-C60ECが来るまで使用していました。

それとの比較では、音色的な変化はあまり感じませんが、高域側が微妙に耳を刺激していました。しかし、その微妙な振動は無くなり、より正確な音の再生になったようです。高域側の微妙な刺激は無くなり耳も楽になりました。

メーカー言っている通りですね。

今のところ、このスピーカースタンドが良さそうです。


そのうちライフサウンドでは、特性スタンドを作ってみようかなとも思っています。

それは金属は使わないスタンドです。

TD508Mk4は本当に凄いスピーカーなので、色々と試したくなりますので。


閲覧数:167回0件のコメント

留言


bottom of page