top of page
  • 店主

新たにテストしていること その6


先日から行ってきた新たにテストしていることから、派生して遂にRCAケーブルを作っちいました。

ある意味では、これまでのライフサウンドの集大成でもあります。

さらに現代の線材を使用して、高画素、高音質、高品格、音楽性を損なわないケーブルを目指しました。

映像を再生するわけでは無いのに「高画素とは?」と思われる方もおられるでしょうね。

素晴らしい再生は映像を見ているように音を感じられるものです。ですから高画素を書いております。そして気配も感じられるようにと願っています。

使用している線材は通信機にも使えるレベルものですが、さらにライフサウンド流にチューニングを加えています。

クリスタルチューニングはもちろんのこと、さらに〇〇〇〇+ゴールドを使用しています。

これは楽音の質量を持たせる意味で使用しています。その結果としてリアルさが生まれてきますね。

現在、試作モデルをテストしていますが、店主もびっくりしている結果が出ております。ヴィンテージ線とは違うリアルな世界を堪能していただけると思います。

M3構造ではないのですが、それを抜いてしまうかも!?と思われる結果を得られています。

もう少しテストを繰り返して、問題が無ければ発売したいと思っています。

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お客様からのご感想

埼玉県にお住いのMさんからRCA COSMICケーブルへのWavetuningのご感想を頂きました。コツコツと機器たちのレベルの向上を行われているMさんです。 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆ ★  ☆ ★ 今晩は埼玉のMです。RCA-CoSMlCケーブルへのウエイブチューニングありがとうございました。 感想は、よりリアルな音で生々しい音です。とくにショパンの曲聴いたのですけど、ピアノの響きが

bottom of page