• 店主

DYNAUDIO CONTOUR30


千葉にお住まいのTさんにDYNAUDIO CONTOUR30を納品させていただきました。

CDプレーヤーとアンプはATOLLのSACD400とIN400です。ケーブルはすべてライフサウンドオリジナルです。クリスタルチューニングをしてあります。

そして、スピーカーの天板にLSエボニーパッドを1枚づつセットして試聴開始しました。

静かに音に耳を傾けておられたTさんですが、1曲目が終わると音楽の音というかそのエネルギーが体にしっかり伝わって来たと感動しておられました。

「そこに場があるのが分かりますよ!」とも言われておりました。

LSエボニーパッドの効果もご確認頂きました。以前のCONTOUR1.8に使っていたものをスピーカーの天板以外にCDプレーヤーとアンプの天板の上に1枚づつセットして再試聴してみました。

無駄な音がさらに消えて、静寂性が高まり、深い音が出てきました。

店主もこのスピーカーの仕事ぶりに改めて惚れ直してしまいました。

何と素敵なスピーカーなのでしょう。早く導入できるようにしたいとアシスタントの妻に話をしていました。

ピアノフィニッシュの仕上げがお部屋のグレードをさらに上げてしまうような存在感もありました。

自然に響く美しさに心が洗われるようでした。

このような瞬間に立ち会えることが、この仕事をさせて頂いている中での最高の幸せでです。

今後さらにブレークインが進んで、さらりと自然なサウンドを聴かせてくれることになるのでしょう。

Tさんも25年使用されたCONTOUR1.8からのグレードアップに大満足をされておられました。

「一人でも多くの音楽ファンの方に知って頂きたいものですね。」と仰られていたことが印象的でした。

#DYNAUDIO

205回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

比較中

現在TD307MK3とTD508MK3の比較を繰り返しています。 何れも小型スピーカーとしては驚異的な性能を持っています。 スピーカーの役割は音楽再生を具現化するものですが、多くのスピーカーは スピーカーの個性を主張してきます。 それを味わう楽しみもありますが、録音された音楽を真に楽しむことは出来ませんね。 TD307MK3とTD508MK3は自己主張が少なく、音楽再生を忠実に行うことが個性です。