• lifesound

ATOLL IN 100Sig

今日は改めてATOLL IN100 Signatureを聴いています。

IN50Signatureとは明らかに違う性格。とはいえ共通点もあります。

それは癒し系のサウンドです。

違う点は電源部が強化されていることによってどっしりとしたサウンドが得られます。

IN50Signatureの優しい系ではありませんが、きついわけではありません。

この円やかさは自然なものです。

DACボードやフォノボードが取り付けられます。

これは嬉しいですね。

まあうるさい方は別にした方が音質が良いと言われているようです。

が、しかし、使用されているケーブルがより線構造であれば、あまり意味が無いように思いますけど。

ライフサウンドはすべて単線構造のケーブルです。スピーカーケーブル、RCAケーブル、デジタルケーブル全て単線構造。あとは個人的楽しんでもいる単線構造A/Cケーブルです。

より線での音は「暑苦しい」「ごわごわしい」「音像定位の不鮮明」「音抜けが悪い」さらに女性からは「うるさい!」「イライラする」「疲れる!」などと言われています。

ライフサウンドは女性にもご理解頂き楽しんで頂けるサウンドを提供したいと思っていますのでより線構造のケーブルは全くお薦めしておりません。


ATOLLシリーズの美点を語るにはより線構造では嘘を語ることは出来ません。

ATOLLシリーズの良さを打ち消してしまうからです。

これはSIMAUDIOも同じです。

紗良にTDシリーズのスピーカーにもです。


人生の大切な時間を使って音楽再生を楽しむのですから、女性からも理解され受け入れてもらえるサウンドで楽しみたいものです。





43回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月5日には

いよいよ21世紀のオーディオ再生の周辺準備が整いそうです。 これによってこれまで積み上げて来た再生環境が、いかなる結果になるのかが 楽しみでもあり、怖くもありますね。 アシスタントの妻がちょっと厄介な病気になっており、私以外に手助けが出来ないので 少々難儀しております。 しかし、必ずや元気になってくれると信じております。 その為にも21世紀の音楽再生を実現して聴かせてやりたいと思っています。

お知らせ

9月30日大阪、10月4日愛媛それぞれ出張いたします。 お店はお休みとさせて頂きます。 電話は通じますので、ご連絡は電話でお願いします。 よろしくお願いします。 店主

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477