• lifesound

ATOLL IN100Sig&IN50Sig

数多く頂いていたcosmicチューニングのご依頼が全て終わりました。

そして、ATOLLのニューモデルの試聴について呟くことが出来ます。

今回はジュニアモデルと言われているIN100SignatureとIN50Signatureです。


まず過去のIN100も良い製品でした。価格の割には重さのある音が出ました。さらにチューニングをするとより鮮度も上がり駆動力アップ。

さてIN100Signatureは過去の凝ったフロントパネルよりあっさりしています。

フロントパネルにはIN100というシールネームがあります。

しかしATOLL ELECTRONIQの名前は彫り込まれています。

この点は凝っていますね。

同じ出力なのにパワーアップした感じです。トランスやヒートシンクなどの改善でより、より電力供給が良くなったのでしょう。全モデルのIN200に近づいた感じです。

さらにバランスが良いので嬉しくなりますね。この機種があればほぼ満足と言っても良いのかもしれません。円やかなサウンドはHIFI傾向ではありませんが、それは、それで癒し系として良いでしょうね。


またIN200Sigと同じDACボード(税別50,000円後付けは工賃5,000円+往復送料)が取り付けられます。

都市型住宅再生にはスペースが取らないのでありがたいことです。


さてIN50Signatureですが、三極管アンプを思わせる切れ味よりは円やかな癒し系になりました。パワー感もアップ。全モデルでは低音域がちょっと寂しかったのですがバランスよく全体的にパワーアップした感じです。税別125,000円という価格でしたら、文句はないと思います。

これはお買い得と言っても良いのかもしれません。

ご希望される方には最新のチューニングをサービスしてお付けします。


2機種とも使いこなしをして頂ければ大きな欠点は無いと思います。

ライフサウンド流に言えば、より線構造のスピーカーケーブルやRCAケーブルは使わないでください。音が濁りますので、そうなると癒し系とは言えない存在になってしまいますので。









83回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477