• 店主

DYNAUDIO Xeo2


DYNAUDIO Xeo2を試聴してみました。TD-M1のような位置にあるAYNAUDIOなので以前から興味がありました。

コンパクトで設置が簡単。さらに左右のスピーカーを接続するケーブル不要。ということで早速テストをしてみました。

各スピーカーにアンプが内蔵されていて、電源が必要です。

またHUB(税別45,000円)もこのクラスは使っても使わなくても良いようなのですが、HUBがあった方が接続が便利なので使用してみました。

TVとHUBを光ケーブルで接続して音声を聴いてみました。

簡単に鳴ってしまうのでびっくり!若い方たちには便利なシステムかもしれませんね。

価格はHUBを入れると税別225,000円になります。アンプを導入する必要はないので

価格的には良いのかも。アンプとの関係を考える必要が無いのが助かりますね。

テストで借りたものは 日本では未発売のグレーカラーのものでした。

光ケーブルで接続出来るCR-R1と比較してしまいますね。

CD-R1は一つのシステムしか運用できませんがCDとラジオを楽しめます。

またXeoはHUBを入れると同時ではないのですが合計で3つのシステムを楽しめます。

あと距離的に50mぐらいまでは電波が飛ぶので音源から離れた位置でも再生が楽しめます。

音質は超ハイファイではなく、カジュアルに楽しめます。

CD-R1はTDシリーズのスピーカーでの再生になりますので使い方はカジュアルでも

再生されるサウンドは超ハイファイになることも可能です。

これは環境と予算に応じて選択が分かれるところであるので、単純に並列比較するのは難しいですね。

さらに専用スタンド(税別30,000円)をつける必要もあると思いますので導入費用は税別25.5万円になります。


214回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477