• 店主

比較


SIMAUDIO 250iと240iを比較試聴してみました。

ボディサイズも価格も同じ。8Ω時のパワーも同じ。以前見た資料では4Ω時に240iの方が幾らか低かったように記憶しています。

240iはフロントにディスプレイがあります。

画像を見て頂くとお分かりの通り250iは極めてシンプルです。

試聴にCDプレーヤーは260Dを使いました。

比較試聴には↑のケニーGのアルバムを使いました。 このアルバムを選んだ理由ですが、特にトラック2を聴くと冬の寒さで身が縮こまっていたことを教えられ、それから

解放される喜びを与えてくれるからです。

知らぬ間に肩に力が入っているのですが、それが緩んで、春の到来を予感させてくれる

のです。

ケニーGのサックスが歪んで聴こえては肩の力は抜けませんね。

         撮影のために250iと240iを重ねてみました

このSIMAUDIOをセットしてさて聴くかなとソファに座ると、オーディオ機器を

扱う喜びに包まれますね。

それだけ気合が入って作られている製品たちなので、リスナーも襟を正して聴かないとと言う気持ちになります。また演奏会が始まる前の緊張感にも似たものかもしれません。

240iはノーマルなので、内部配線材の影響がバリバリに感じられてしまいました。

またスピーカーケーブル接続端子もノーマルなのでケニーGのサックスが少しきつく感じます。

解放感は得られませんでした。

250iはフルチューニングしています。内部配線材を単線に交換、スピーカーケーブル接続端子もグレードをアップしています。

ケニーG のサックスの音が春を予感させるような解放感を与えてくれますね!

さらにサウンドステージが広くなるのでより開放された感じも増してきました。

さらに質量感ある再生になり、よりリアルです。曲を聴いているとその波動から

時間の流れに身を任せている自分に気が付きます。

くつろいでいる時間を感じることになりました。

240iもフルチューニング可能なので、それをしてあげれば250iに負けない感じになることは容易に予想が付きました。

その他としてDAコンバーターやフォノイコ(MM対応)などが付いているので、

かなりメーカーは力を入れている感じです。

まさにバーゲンプライスな製品ですね。

240iは是非ライフサウンド&クリスタルチューニングと内部配線材を交換してお使い頂ければかなり品格のあるリアルサウンドになること間違いなしです。

また250i落ち着いた端正な佇まいに風格を感じます。

機能的には240iほど多機能ではありませんが、シンプルゆえにサウンド的にもゆとりがあると思います。

何れの機種とも素晴らしい製品であることは間違いないということが今回の試聴の結論でした。

ただし240iはチューニングしてこそ真価が発揮されることでしょう。

#SIMAUDIO

96回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477