• lifesound

LYNX&SIMAUDIO600iV2

最終更新: 1月5日

片や198,000円のスピーカー、そして1,100,000円のインテグレーテッドアンプ。

この価格差を考えると無謀な組み合わせと思われる方もおられるかもしれません。

しかし、スピーカーの性能を知るには面白いと思います。


LYNXの美点は自己主張がブックシェルフ型として極めて少ない点です。そして音が良く伸びてくれます。小型なウーハーでありながら芯のあるパンチの効いた低音を再生してくれるので小型スピーカーであることを忘れてしまうことがあります。



SIMAUDIO600iV2は静かで豊かで透明感あるサウンドが持ち味のようです。

250iと比較しますとその差は明らかです。車で例えるとベンツのS400とC200の差のようです。このアンプでLYNXを鳴らしてみますと見事な音楽再生がそこに現れてくれるのです。LYNXが価格を超えたサウンドステージを生み出してくれます。

音の粒立ちも美しく、音の消え際も自然でポッと丸く終わってしまうことがありません。

豊かで余裕のあるサウンドは、心を自然に癒してくれます。


このスピーカーがあればアンプたちが次元を上げても問題なく再生が楽しめることが証明されました。250iLSC

では内部配線を単線化して、さらにチューニングをしていますので、トルクの違いはありますが、表現的に決して品格が落ちるものではありません。

C200の路面を正確にトレースして正しい情報をドライバーに伝えてくれる切れ味を

味わえるように250iLSCも妙な色付けがなく音楽そのものを味わえるような喜びがあります。







52回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477