• 店主

IN100se&IN50se


「ワクワクする音」計画でIN100se&IN50seをどのレベルへ持っていくかということが課題でした。

配線材の交換をするとすべてを組み立て直しになり、コストも馬鹿になりません。それでは、この価格帯においてのメリットもありませんね。

また配線材もライフサウンドの基準からすると問題もないようなので、そのままで行くことにしました。

第一段階を終えてみると、IN100seにおいてはもう少し輪郭を締めて線をはっきりしたいとなりました。

そこで、次に配線材へのチューニングを行いました。

すると・・・ 見事に輪郭が締まり、線が綺麗に出てくることになりました。

このレベルに達するとワクワク感が増大してきます。これから来客なので、今日はここまでしか出来ませんが、これを踏まえて、さらに突っ込んでみたいと考えています。

その結果によって、IN50seにも同じようにしてみたいと思うことになると予想されます。

このクラスの価格を考えるとチューニング費用とワクワクする音費用がかかり過ぎても意味がありませんね。

適度なところで、相当の感動が得られるようにとライフサウンドは考えておりますので、このラインは守りたいと思います。これまでのチューニングにプラス5,000円前後で良い結果になればと考えております。

#ATOLL

58回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477