• 店主

ATOLL IN50seLSnew & ATOLL IN 200seLS


ATOLL IN50seLSnew&ATOLLIN 200seLSの聴き比べをしてみました。

新しいチューニングを加えたシリーズにはnewを付けて呼ぶことにしました。

ATOLL IN50seLSnewはこれまでのLSチューニングにスピーカーケーブル接続端子回りに新しいチューニングを施しています。

テストに使用したCDは龍馬伝2のトラック3です。

低音のうなりが素晴らしく、そして音が飛んできます。迫力が素晴らしいとアシスタントの妻もびっくり。

これまで低音がやや大人しい印象があったIN50seですが、それが嘘のようです。

女性のヴォーカルですがマイクに吹きかかる息の音まで聴こえてきます。

そして、伸びやかに歌ってくれますね。

さて、次はATOLL IN 200seLSです。これは従来のLSチューニングのままです。

同じ曲で比べてみますと、音の重さはあるのですが、おとなしい控えめな感じです。IN50seLSnewで味わえたは迫力はありません。

ブーンとかゴーンと響いてくる低音がありません。 全体に品良くまとまってはいますが・・・・・

IN200seLSにも新しいチューニングをしようかと考えていましたが、新しいチューニングとの違いを判断する基準に

新しいチューニングは加えないことにしておりました。

こうなるとIN50seかIN100seにしようかと悩んでいる方には、LSチューニングは定価の中で行いますので、僅か5,400円のアップで、ノーマル状態のIN200seを上回る再生が手に入るのですから、大変な朗報であると思います。

また当然ながらIN100seLSnewにおいてはさらに迫力が増しております。

#ATOLL

156回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477