• 店主

ATOLL IN100se


ATOLL IN100seのチューニングが終わり、テストを開始しました。

この価格帯では素晴らしい音楽再生をしてくれる貴重なインテグレ―テッドアンプですね。

上位機種との比較で悩んでいる方も多いようですが、IN100seのメリットはスピーカーケーブル接続端子への

内部基盤から接続にあります。

IN100seは単線を使っています。

これはとても大きなメリットです。音の濁りを引き起こさないからです。

さらに一般家庭で18畳ぐらいまでの広さであれば十分にカバーしてくれる音量も確保しています。

これは接続されるスピーカーの性能にもよりますが、ライフサウンドのリスニングルームは18.5畳あり、さらに6畳の部屋がつながっていますが、そこでTD712zmk2LSCを鳴らしても十分です。

低音域の重量感、あえて重厚感とは言いません。低音域の質量をしっかりと味合わせてくれますので重量感と

言っています。

さらに全帯域に渡りバランスよいので特定の再生帯域に過不足感をあまり感じることはありません。

さらにライフサウンド&クリスタルチューニングを行うことで、音の立ち上がりがより改善されてリアルさが増してきます。

さらにサウンドステージの深さが出てきますね。さらに各帯域における質量感が改善されるので、より音楽が自然に感じられます。

さらに内部のあるパーツを一か所だけ変更することで、上位機種がノーマルであればそれを凌駕する再生が可能です。

そしてコスト的には、上位機種より割安で仕上がります。

その結果ユーザーは音楽の感動を心の底から享受できることになります。

再生された音楽を通じて様々な心象風景を味わうことが出来るということでもありますね。

ATOLLは魅力的な音楽再生を低コストで実現してくれている貴重なメーカーですので店主も、このメーカーの製品を愛して下さる方は、ライフサウンドで機器を購入されていなくても喜んでチューニングを行っております。

#ATOLL

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477